3/22 TC公式勉強会C4〜C6 in愛知/小牧ミッドアート

0
     
    JUGEMテーマ:カラーセラピー
    JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング
    JUGEMテーマ:色〜color〜大好き

    3/22 TC公式勉強会C4〜C6を開講しました
    場所は想色工房と仲良し美紀ちゃんのお店ミッドアート

    すっかり勉強会仲間〜 な受講生さんたちは和気あいあい・・・
    通り越して!脱線しまくり

    途中、自分も脱線に巻き込まれつつ(ダメぢゃん!)
    軌道修正を繰り返し、無事終了いたしました。

    レッド&グリーンの補色C4の部分では「なりたい自分」や「今年の目標」をデザインするワークを行いました。

    それぞれがそれぞれに「グランディング」を意識し、感じてもらえたと思います。

    グリーンを樹木に例えるなら、補色のレッドは地のエネルギー。
    根っこの部分です。

    樹木の部分は目に見えている部分であり、意識で言えば顕在意識の部分。

    人は自分の周りで起こっている出来事や情報に心奪われがちです。
    人と自分を比較し、競争心持ったり、逆に劣等感を持ったり。
    他人の持っているものを羨ましく思ったり、他人と同じであるということで安心しようと思ったり。

    外側の世界にいつの間にか振り回されてしまうことがあります。

    中国古代思想に「桜梅桃李」というものがあります。
    桜は桜。梅は梅。
    梅は桜になろうとせず、李は桃を真似ることなく。
    持って生まれた自身の本質を知り、受け入れ、活かす生き方こそが充実した人生であるという考え方です。

    樹木は風や雪などで枝を折られたとしても、根っこの部分がしっかりとしてさえいれば、またそこから新しい枝をだし、成長させます。

    人に例えれば、自分がしっかりとした根をはりグランディングしていさえいれば、人生にどのような状況が訪れたとしても、そこから気づき、学び、新しい方向性を見出してさらに大きく成長していけることでしょう。

    勉強会にご参加のみなさん。
    「なりたい自分」になるには、まず始めるか?明確になりましたか?
    せっかく描いたお花目につくところへ是非飾ってくださいネ☆

    そして見るたびに思い出してください。
    レッドのエネルギーは「行動」」です!
    行動は根っこをしっかりと育てることにもつながり、青々を生い茂る大きな樹木(自分)を育てることにも繋がっていくんです。


    C5は傾聴訓練をC6後にはセッション練習を。


    みんな真剣!
    しっかり…みっちり…
    気がつけばまたお外は暗くなっていました

    今回も皆様長時間お疲れ様でした!

    この日の感想を3人の方が記事にしてくださっています。

    http://ameblo.jp/ymd0527/entry-11200566595.html

    http://ameblo.jp/tossy-0827-aoi/entry-11200911358.html

    http://ameblo.jp/sakuranoiroiro/entry-11201226401.html

    次回のミッドアートでの勉強会は
    4/12(木)13:00〜15:00 C7
           15:00〜17:00  C8 開講決定です。

    お席が若干残っております。
    ご興味のある方(TCマスターカラーセラピスト以上)お気軽にご参加くださいませ。


    。・:*:・゚'☆,。・:*:,。・:*:・゚'☆,。・:*:

    愛知県/長久手/豊田/小牧で
    1日で取得できる!TCカラーセラピスト講座開いてます
    中級マスターカラーセラピスト講座
    上級トレーナー講座(教室が開けます!)も開講しています

    マイア色彩心理講座
    自分の内面が癒され変わっていく体験!
     マイア色陰陽論に基づいた
    【自分自身が幸せになるためのセラピー】
     
    ご興味のある方は是非!
    開講予定/講座内容詳しくはこちら
    http://mamachi.pupu.jp/

    開講予定【モバイル】の方はこちらをご覧ください。
    http://orca-tc.jugem.jp/?cid=1

    美容業界で話題の「耳つぼシール」を使った
    日本で始めての講座
    「パワーピアスセラピー」講座も開講しています!
    詳しくは想色工房HPをご覧ください。
    http://mamachi.pupu.jp/

    。・:*:・゚'☆,。・:*:,。・:*:・゚'☆,。




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック