サイクルマップってなぁに?

0
    JUGEMテーマ:人生論
     

    最近【サイクルマップってなんですか?】と本当によく聞かれます。

    先日、主宰した【想色空間イベント】では出店者さんに聞かれ 笑
    http://ameblo.jp/desire-color/entry-11338190127.html

    パワーピアス&TCのコラボ講座の講師で行った岡山・福岡会場でも、休憩時間に受講者様と談話していると、耳つぼ質問に交じって・・・
    【ところでサイクルマップってなんですか?】と 笑

    久しぶりに会った友人にも
    【なんかサイクルマップってすごく!気になるんだよね〜。ところでサイクルマップってなに?】
    (≧▽≦) あはははは

    というわけで、サイクルマップとはですね…

    「幸せと成功のサイクル」を誰でも創れるように、シンプル化・可視化・しくみ化したものが「サイクルマップ」です。

    「サイクルマップ」は、人間にとって根っこになる3つの質問から成り立っています。
    たった3つの質問に答えていくことで
    気持ち(感情)が変わり、頭の中が整理されて、やる気が湧いて来て、行動につながっていきます。
    サイクルマップは一度身に付けたら、いつでもどこでも出来ます。
    やがて習慣になれば、意識しなくても「幸せと成功のサイクル」で生きていけるようになります。

    サイクルマップを受講すると
    • シンプルなので一度覚えたら忘れません
    • すぐ身につくから日常的に使えます
    • 自分の気持ちを大切にするから、快適な人生になります
    • 夢を実現する力が強くなります
    • 自然に自分が主役の生き方にチェンジできます
    • 周りに振り回されないで生きていけます
    • 幸せの青い鳥症候群から抜け出せます
    • あなたが本当に求めているものはなにか分かります
    • 毎日の生活が好循環に回りはじめます
    サイクルマップはいつでもどこでも!活用できますので、最近の私の例をあげますと…

    この夏休みに海外へ家族旅行へ行きました。
    1週間ほど海を満喫し、さぁ!これで帰国だ!という帰りの国際空港でのことです。
    パパと次男坊が(私に言わせれば)ど〜でもいいことで喧嘩を始めました。
    どちらも頑固ものなので、どちらも折れません。
    パパは「謝れ!」
    でも次男はかたくなにだんまり…。
    パパの怒りはどんどんエスカレートします(;´д`)=3トホホ・・
    せっかく楽しい数日間を終えて、帰るのに…
    楽しかったね〜!と、笑って帰りたいじゃないですか。

    そこで、サイクルマップの出番です。
    私は次男坊にサイクルマップ3つの質問をしました。
    叱るわけでも諭すわけでもなく、ただただ3つのシンプルな質問をしました。

    すると、それまでかたくなに口をつぐんでいた次男坊が、スッと顔をあげ・・・
    パパに「ごめんなさい」と頭を下げました。

    結果、帰りの飛行機はパパと次男二人、隣同士に座り、楽しそうに語りながら帰国しました。

    これが簡単(?)サイクルマップです 笑
    カウンセリング術でも話術でもありません。
    サイクルマップの3つの質問は、本人が本当に望んでいる気持ちにフォーカスできるので、別に私が導いたわけではないのです。

    二人とも本当は素直に仲直りして、楽しい気持ちで帰国したかった。
    心の中ではきっと次男は「謝らなければ」と思っていたと思います。
    その気持ちを3つの質問は「謝ろう!」に変えたのです。

    サイクルマップセミナーでは、実際に紙にマップを描きます。
    描くことで気持ち(感情)が変わり、頭の中が整理されて、やる気が湧いてきて、「しなければ…」と思っていたことが、きっと「やりたい!」に変わりますよ!
    (o・∀・o)
    あれ?
    やっぱりまだ【サイクルマップ】どんなものかわかりませんか?


    明日、21日(木)13:00〜 長久手市文化の家にて
    サイクルマップベーシック体験セミナー開講
    します♪
    2時間程度の講座です

    お席にはまだ余裕がございます。
    【サイクルマップ】にご興味があって、お時間のご都合があいましたら是非♪体験してみてください。

    参加希望はメールで ご連絡くださいませ。




    国際サイクルマップ協会公式HP
    http://www.cyclemap.org/cyclemap/index.html

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック